ワンピースを紹介!

ワンピースは尾田栄一郎先生による海を舞台にした冒険バトル漫画です。
1997年から週刊少年ジャンプで連載がスタートし、現在も続いている人気漫画です。アニメ化もされ、現在も放送中です。
今回は現在も連載、放送、共に続いているワンピースについての魅力をお伝えします。

ワンピースのあらすじ、主要な登場人物を紹介

ワンピースのあらすじはゴムゴムの実を食べてゴム人間になった少年、モンキー・D・ルフィが海賊王になるために海賊王であるゴールド・D・ロジャーが行き着いた先であるラフテルまで仲間達と共に航海をするお話です。
ワンピースの登場人物はまず、本作の主人公であり、麦わらの一味の船長であるモンキー・D・ルフィは少年時代、フーシャ村で過ごし、ルフィが海賊になるきっかけを与えるシャンクスと出会う。その後、義兄弟となるポートガス・D・エースとサボとコルボ山で会う。17歳になった時、海に出ることを誓い合う。その後、17歳となったルフィは仲間を集めに海へと旅立ち、麦わらの一味を結成する。
次に、麦わらの一味の実質的な副船長で、最初にルフィの仲間となったロロノア・ゾロは元海賊狩りであったが、海軍に理不尽な理由で捕まっていたところをルフィに助けられる。夢は世界一の剣豪になること。昔、亡くなった幼馴染がいる場所まで轟くように、という願いがこもっている。
次に、麦わらの一味の航海士であるナミは最初、仲間ではなく、同盟という形で共に航海をしていた。しかし、泥棒猫と呼ばれているように、突然、船を盗んで出て行ってしまった。しかし、その理由の裏には壮絶な過去があった。それは海賊、アーロン一味に奪われた村を一人で取り戻そうとしているからです。だが、アーロンは最初からナミ達を解放する気はなく、悪い海軍を使ってお金を全て奪い取る。それを聞いたルフィがナミのために立ち上がり、見事に勝利し、仲間となる。夢は自分だけの世界地図を描くこと
次に麦わらの一味の狙撃手であるウソップは平凡な少年でした。しかし、嘘をつくという特技があります。それで病弱な少女、カヤを楽しませていました。それを知ったルフィが仲間に加えようとします。しかし、カヤの執事であるクロがカヤを殺害しようと計画を企てます。しかし、それを一味で阻止して、ウソップを仲間とします。その時にメリー号をもらいます。夢は勇敢な海の戦士となることです。
次に麦わらの一味のコックとなるサンジです。サンジはコックとしてバラティエで働いていました。その時に同じ壮大な夢を描くルフィに興味を抱きます。夢はオールブルーを見つけること。サンジは最後、師匠であり、恩人であるゼフとの別れの場面が印象的です。
次に、麦わらの一味の船医となるチョッパーです。チョッパーはヒトヒトの実を食べたトナカイ。しかし、実を食べてしまったことで、トナカイにもヒトにもなれず、愛に飢えていた。そこを助けたのがヒルルクというやぶ医者だった。しかし、病気で亡くなってしまう。これをきっかけに医者を志す。
ナミが熱を出してしまったことがきっかけでチョッパーはルフィの勧誘を受けて仲間となる。夢は自分がどんな病気でも治せる万能薬になること。
次に、考古学者のニコ・ロビン。彼女の登場は印象深く、敵としてルフィの前に現れる。しかし、死にたいと願っていたロビンを助けたことにより、仲間となる。しかし、エニエスロビーに連行されてしまう。勿論、ナミと同様に無茶をしてでも助けに行き、ロビンの過去を聞いたルフィは世界政府の旗を打ち破って宣戦布告をした後にロビンに生きたいと言え、という場面があり、そこで初めて、ロビンは生きたいと叫ぶ。夢は空白の100年を知ること。
次に麦わらの一味の船大工であるフランキー。彼も、敵として登場しました。フランキー一家がウソップの持っていた1億円を盗んだからです。そのお金でメリー号に代わるサニー号を作る材料である宝樹アダムを買いに行きました。フランキーもエニエスロビーに連行されましたが、助けられてそのお礼も兼ねてサニー号を造ってくれました。そして、いつものようにフランキーを仲間にするため、W7総出の強行突破でフランキーが仲間となりました。夢はサニー号と共に夢の果てをみることです。
最後に、麦わらの一味の音楽家であるブルックです。ヨミヨミの実で1度、生き返ったブルックはとある島で影をとられたことにより、暗い海をさまよっていた際にルフィと出会いました。影を操る王下七武海の一角であるゲッコー・モリアの能力で影をとられたことにより、仲間になりたくても日の下にはいられないブルックをルフィは助けることにします。ブルックの影が入っていたリューマをゾロが倒したことで影が戻り、無事に仲間になりました。夢はかつて、再会の約束をしたラブーンに会いに行くことです。

ワンピースの好きな場面を紹介

ワンピースの好きな場面はまず、シャンクスがルフィを庇って、片腕がなくなってしまう場面です。相手が子供とはいえ、身を呈して助けるシャンクスの格好良さ。そして、その後に安いもんさ、腕の一本や二本、という台詞がシャンクスの格好良さを表しており、好きです。
次に、この帽子をお前に預ける。とシャンクスがかつての船長であるロジャーから受け継いだ大切な麦わら帽子をルフィに託すシーンです。そして、きっと返しに来い、立派な海賊になってな。という台詞はもう、大好きすぎます。その後、ルフィは当然、この帽子と様々な海を航海します。そして、通り名である麦わらのルフィの由来となります。
次に、ポートガス・D・エースとサボ、そして、ルフィが義兄弟になる場面です。この場面が今後、手のかかる弟だが、よろしく頼む。というエースとサボの同じような台詞をいう場面に繋がると思うと、とても考え深い場面です。
次に、やはり、印象的で好きな場面は海賊王におれはなる。と初航海で乗り出す場面です。ここからルフィの冒険が始まると思うと、何度観ても同じ気分になると思います。
次に、ゾロが少女のおにぎりを食べて、うまかった、ごちそうさま。と一言呟くシーンです。しかも、そのおにぎりが靴で、踏みつぶされてしまったおにぎりなのです。しかし、それにも関わらず、少女の気持ちを汲んで、食べる姿はまさに、男前です。
次に、ナミがルフィに泣いて助けを求めた場面で、当然のように当たり前だ。と言った場面です。もう、ルフィの中では同盟ではなく、仲間であるという認識だったのか、と思うと思わず、微笑ましくなってしまいます。

まとめ

ワンピースの魅力は伝わりましたでしょうか
アニメ版も現在、ワノ国編。しかし、まだまだ続いております。連載も今年の頭に1000話を達成しました。
また、作者である尾田栄一郎先生によるスピンオフも描かれているそうなので、好きなキャラクターが登場する回がまだまだだと思った際には目を通していただけると1ファンとして嬉しいです。
個人的にはエースの生き様を小説化した本、ONEPICE novel Aが2冊出ているので、エースファンには特にオススメです。また、allキャラクターが見たい方なら、ワンピース学園やワンピースパーティーもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました