ダンジョン飯を紹介!

「ダンジョン飯」は丸井諒子さんに作のファンタジーグルメ漫画です。

よくあるグルメ漫画とは違う個性的な内容になっていて、多くの漫画賞を受賞している大変人気のある漫画です。今日はダンジョン飯の魅力について語っていきます。

ダンジョン飯ストーリー

【ダンジョン飯のストーリー】
小さな離島に突然ダンジョンが出現し、そのダンジョン内にいる魔術師を倒すことで、かつて栄華を誇った黄金の国の全てが手に入る、と黄金の国の王を名乗る男が告げたことがこの物語の始まりです。多くの冒険者がダンジョンを攻略しようと挑むのですが、主人公ライオスは序盤から苦戦を強いられています。ダンジョンの深層でレッドドラゴンとの戦いに苦戦して、妹のファリンがレッドドラゴンに食われてしまうのです。妹を救出するために再度ダンジョンに潜るのですが、先の戦いで手持ちの荷物やお金を失ってしまい、仲間もパーティから抜けてしまいます。

結局、魔法使いのマルシル、鍵士のチルチャックの3人でダンジョンに挑むことになりますが、空腹の上にお金はない状態。そこで主人公ライオスは以前から憧れていた「魔物食」に手を染めることになるのです。途中魔物食に詳しいドワーフのセンシも仲間に加わり、魔物と戦ったり罠を避けたりしながら、魔物を狩り、さまざまな方法で調理をして食していくのです。

何度も死にかけながら、そして何度も魔物を狩り食しながらなんとかレッドドラゴンを倒し、ファリンの蘇生に成功するのですが、この時からライオス一行はこのダンジョンの秘密や過去に少しずつ触れていき、さらなる激しい戦いに巻き込まれていきます。

食わなければ強くなれない。強くなければ魔物を狩れず食えない。

食う、食われるというシリアスな問題をユーモラスに描いている作品です。

ダンジョン飯の魅力

ダンジョン飯の魅力はなんといっても魔物を食う、という驚きのストーリーです。漫画やゲームでよくある、長期化する戦い。食事やトイレ、お風呂はどうしているんだろう?と誰しも一度は感じたことがあるはずです。そのような現実的なことをストーリーの中に組み込みながら、ドワーフやエルフなどの多人種が登場するファンタジックな世界観を描いているのです。

そして魔物飯!これがとても美味しそうなところも面白い!

調理方法も細かく書いてくれており、一見再現できそうな(材料が揃わないので無理だけど)料理ばかりです。腹を膨らます、というだけではなく、栄養面まで考えて調理をするのだから本格的です。

そして何よりの魅力はキャラクターです。

心優しく欲深くないのに仲間からは「サイコパス」と言われる主人公ライオスに始まり、優等生で魔法の腕は確かなのにドジなマルシル、現実的で冷めた発言が多いのに誰よりも仲間思いのチルチャック、そして謎多き男、ドワーフのセンシ。

それぞれのキャラクターが活躍する場面も描かれますし、バトル漫画でよくある主人公無双はまったくありません。深層に行くほど強くなる魔物に対して、仲間それぞれの能力や知恵でなんとかかんとか勝ち進んでいく、そこにキャラクターの魅力も強く出ており、どのキャラクターのことも大好きになってしまうから不思議です。物語が進むにつれて、キャラクター同士の関係性や過去も少しずつ明らかになっていくのも面白いポイントです。

まとめ

以上のように、ダンジョン飯は巷に溢れている多くのグルメ漫画ともバトル漫画ともまた違う、非常に個性的なストーリーの漫画となっています。

ただ、グルメ漫画の面白さである細かいレシピや美味しそうな描写、食べることで心まで温まっていく過程などはダンジョン飯の中でも充分に楽しめます。もちろんバトルも物語が進むに連れて激しくなるので、バトル漫画が好きな方でも楽しめると思います。

一風変わった漫画が読みたい方におすすめの漫画です。

タイトルとURLをコピーしました