タッチを紹介!

タッチは作者はあだち充さんによる青春野球漫画です。週刊少年サンデーに掲載されていた人気野球漫画です。野球だけでなくて幼馴染の恋愛模様と双子の兄弟の‘ストーリーを絡めた作品となっています。野球のルールが分からなくても楽しめる作品です。

幼馴染み

浅倉家と上杉家は、家がお隣同士で、浅倉家には南という可愛い女の子が生まれて、上杉家には達也と和也の双子の兄弟が生まれました。三人の子供たちは、すぐに仲良くなって同じように成長をしていきますが、途中で南が女の子であることを意識し始めるのです。

性格は、双子であっても上杉和也は努力家で顔もかっこよくキリッとしています。一方兄の達也は、練習などはしなくても天性の才能の持ち主ですが、自分でそれをわかっていないのか宝の持ち腐れ状態です。かけっこも本気を出せば達也が三人の中で1番早いのですが、弟の和也に花を持たせたがる優しい一歩引いた性格の持ち主でした。

周りから見ると、不真面目で、全部いいところを弟の和也に持って行かれたという風に考えられています。しかし、南だけは達也の凄さにいち早く気がついていました。それは幼い時に、的にボールをど真ん中当てることを達也と和也に競わせた時です。達也は練習もなく一発で当ててしまいました。和也は、なかなか当てることができず雨の中も的に当てる練習をします。

努力した甲斐があって的にやっと当てることができるのです。中学生を三人は、各々の道を目指して進んでいきます。和也は野球一筋で、ピッチャーとして活躍をします。ストレートの正確さと速さは、高等部にまで噂が広がります。和也は、女子からもモテモテでラブレターを山のようにもらっています。一方達也は、和也になりすましてデートをしようとしたり小賢しいことをします。

高校生になって

高校生になって、南とプールに行ったときに、明青野球部のマネージャーに達也が声をかけられます。泳ぎっぷりと筋肉のつき方天性の勘から達也を高校野球部にスカウトしたのです。

達也は美人マネージャーに声をかけられて有頂天になっていましたが、野球をすることにまんざらでもありませんでした。野球部の入部届を出しに行こうとすると、なんと南が野球部マネージャーをすると野球部メンバーに紹介をしている話を聞いてしまいます。

ゆえに達也は野球部に入ることを諦めます。おそらく‘兄弟で競う姿や南と和也の関係を壊したくないと言った達也なりの配慮だったのかもしれません。そんな達也は男子からの人気が熱く、強面の原田は何かと達也を気にかけてちょっかいを出します。

気がついたらボクシングぶに入部していたのも原田の仕業でした。和也は南のために一心に甲子園を目指して、野球に没頭します。これは南が、和也に南を甲子園に連れて行ってと言ったのがきっかけです。和也は南を想って、野球にのめり込みます。時折、南の気を引こうと別の女の子とデートすることもありました。南は、達也のボクシングが気になり気が気じゃありません。

甲子園を目指している最中に、和也は帰らぬ人となってしまいます。あまりに突然のことで、達也も南も家族もすぐに状況が飲み込めないのです。試合は和也がいなくて負けてしまい、甲子園の夢も途絶えてしまいます。双子を失って、達也が南に声をかけるシーンがすごく重重い強い空気で、でも達也なりのセリフが感じられて3人の絆が強く見えます。

まとめ

和也がいなくなって、達也が和也の夢を叶えるために高校から野球を始める達也の頑張りが後半は見所です。一番の難関は和也とバッテリーを組んでいた孝太郎との絆が達也と生まれた時です。

達也の球をかみ閉まるように痛くても受け止める孝太郎の姿にグッときます。さらに、光太郎が肩を痛めているのに達也が気がついて、三振をすぐ取ることを選択する姿もすごく感動します。

野球だけでなくて、恋愛模様も絶妙に絡んでくるので、後半は達也のことを好きになる可愛いライバルの女の子ゆかちゃんも登場するので見応えあります。和也の時には対戦していなかった最強のバッター新田や変化球の西村とキャラの濃い登場人物も多く出てきて、次から次へと先が気になり一気に読んでしまいます。

タイトルとURLをコピーしました